すっぽん小町 成分

すっぽん小町に含まれる成分・栄養素と含有量

<栄養成分>
エネルギー:128.7kcal
たんぱく質:8.6g
脂質:9.6g
炭水化物:1.8g
ナトリウム:18mg
リン:127.7mg
カルシウム:288.6mg
マグネシウム:4.9mg
亜鉛:0.3mg
鉄:0.7mg
ビタミンE:209.4mg
ビタミンD:8.7IU
EPA:1.83g
DHA:0.8g
(1袋:62粒当たり)

※ コラーゲンは1袋当たり約8308mg、1粒当たり約134mg入っています。
 (パッケージへの記載なし)

 

<アミノ酸含有量>
アルギニン:626.2mg
リジン:336mg
ヒスチジン:83.7mg
フェニルアラニン:188.5mg
チロシン:81.2mg
ロイシン:285.2mg
イソロイシン:131.4mg
メチオニン:83.7mg
バリン:222mg
アラニン:713mg
グリシン:1773.2mg
プロリン:1010.6mg
グルタミン酸:861.8mg
セリン:292mg
スレオニン:178mg

アスパラギン酸:502.8mg
トリプトファン:11.2mg
シスチン:17.4mg
ヒドロキシプロリン:830.8mg
(1袋:62粒当たり)

すっぽん小町の有効成分にはどんなものがある?

 

コラーゲン

 

コラーゲンはタンパク質の一つで、「細胞と細胞を結び付ける」「支える」「外との境界線をつくる」という役割があります。身体を形作る成分です。

 

アミノ酸

 

人間の身体の約20%はアミノ酸だと言われています。
体重で例えると、50kgの人の場合は10kgがアミノ酸だという計算になります。

 

すっぽん小町では19種類のアミノ酸を摂取することができます。
身体のタンパク質を構成するアミノ酸は20種類なので、ほとんどを摂取することができるようになっています。

 

DHA・EPA

 

血液をサラサラにすることについては、EPAの方が高い効果があります。
DHAとEPAでは、働きかけの違いがあるからです。

 

DHAは、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくすることによって血流を促進させます。
EPAは、血栓を作らせないことで血流を良くします。

 

ちなみに、脳に届くのはDHAだけです。
DHAは脳と神経系の健康に働きかける成分で、EPAは血液の健康に必要な成分だと言えます。

すっぽんのコラーゲンって?

コラーゲンの効果

 

コラーゲンの効果コラーゲンペプチドの摂取により、爪の状態がしっかりします。

 

コラーゲンの効果「髪のコシ」「髪のまとまり」「髪のツヤ」「髪のなめらかさ」「髪のしっとり感」「髪の指どおり」が改善されます。

 

コラーゲンの効果骨に対しては、しなやかさのもとになります。加齢による骨のコラーゲンの劣化は、骨折しやすい原因になります。そのため、骨粗しょう症の改善にも必要な成分だと言われています。

 

コラーゲンの効果血管を作っているのもコラーゲン線維です。血管が傷ついた時には修復してくれます。血管内の傷つくと血栓ができやすくなるので、コラーゲンは動脈硬化を防ぐ効果にも必要となります。

 

コラーゲンの効果コラーゲンと目の関係
コラーゲンが不足すると、角膜が弱くなってしまいます。その結果、角膜の傷、角膜炎、結膜炎、視力低下、白内障などの心配につながります。

 

コラーゲンの効果関節痛とコラーゲンの関係
軟骨に含まれるコラーゲンの代謝が悪くなると弾力性が失われます。
固くなった軟骨は、少しの衝撃で潰されたり、擦り減ったりするようになります。軟骨が擦り減ると、骨と骨がこすれ合い、それが関節痛となります。
関節痛の緩和にも、コラーゲンは一役買ってくれるというわけです。

 

コラーゲンの効果美肌とコラーゲン
コラーゲンペプチドは血流によって真皮の線維芽細胞まで届けられます。そして「弾力を保つための組織を作れ」という命令を出すと考えられています。
その結果、真皮のコラーゲンやエラスチンといった線維が生み出されて、肌の弾力が作られるということです。