すっぽん小町 副作用

すっぽん・すっぽんサプリの副作用とは?

副作用についての口コミが多いのは、下痢、吹き出物、おならが出やすくなる(ニオイが気になる)、吐き気が気になるなどです。

 

これらの副作用のような症状が出る場合に考えられるのは、「過剰摂取」「好転反応」「アレルギー体質」「体のどこかが極度に弱っている」という要因が関係しているということです。

 

すっぽん小町に含まれている成分は、アミノ酸、EPA、DHA、コラーゲンなど、新陳代謝が活発にしようとする成分が多いので、その人の体のもっとも敏感なところに反応が出てしまうのだと思われます。肌が敏感な人は肌に、腸が敏感な人は腸内環境に、という具合です。

 

悪い成分を摂取したから、下痢になった、吹き出物が出た、おならのニオイ、吐き気を催した、という症状が出ているとは考えにくいということです。

 

参考までに、好転反応の例を紹介しておきます。

 

  • 弛緩反応 (だるい、眠い、倦怠感など)
  • 過敏反応 (便秘、下痢、痛み、腫れ、発汗など)
  • 排泄作用 (吹き出物、発疹皮膚の変化、目やに、尿の色の変化など)
  • 回復反応 (発熱、痛み、吐き気、腹痛、だるさ)

 

一番の対処方法としては、過剰摂取しないことです。飲み過ぎには注意した方が良いです。
1日2粒を守るか、摂取量を減らす、控えるなどして調整することをおすすめします。
どうしても、それぞれの症状が治まらない時は医師に相談してくださいね。

妊娠中・授乳中でも飲んで良い?

すっぽん小町には、妊娠中、授乳中に摂取すると害になるという成分は含まれていません。
むしろ、カルシウム、DHA、EPA、鉄、ビタミンE、亜鉛、マグネシウムなど、妊娠中にも授乳中にも摂っておきたいものが含まれています。

 

公式サイトのQ&Aには、次のように記載されています。

 

サプリメントは妊娠・授乳中の方にもお召し上がりいただけるのですが、体調の変化が起こりやすい時期(敏感な時期)でもありますので、ご心配な場合はかかりつけのお医者様にご相談をいただくか、様子を見つつ少ない量から試されることをお勧めします。

 

また、公式サイトにはお笑いタレント・くわばたりえさんの「妊娠中も授乳中も飲んでいた」というコメントがあります。

 

くわばたりえさんは、ご本人のブログでも「妊娠中も授乳中も安心して飲める」ことを文章にして答えていらっしゃいますね。
→ http://ameblo.jp/kuwabata0324/entry-11196089470.html

すっぽん小町を飲まない方が良い人

性別での制限はされていません。成長期の子供の場合は摂取する量やペースを調整しながら飲むことがすすめられています。

 

すっぽん小町を飲むと「吹き出物が出る」という方がいらっしゃいますので、アトピー性皮膚炎・喘息・花粉症・鼻炎などのアレルギー体質である場合は慎重になったほうが良いかもしれません。

 

病院で相談は面倒だけど、どうしてもすっぽん小町を試してみたい…!というなら、公式サイトに「薬との併用などの相談ができる薬剤師窓口(フリーダイヤル)」が設けられていますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。